歯ブラシ指導やフッ素塗布など小児歯科について

tel.079-434-6480

tel.079-434-6480

診療メニュー

小児歯科

ホーム診療メニュー › 小児歯科

なぜ子供は虫歯になってしまうのでしょうか?

子供がむし歯になる原因は?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。では、なぜ子供は虫歯になってしまうのでしょうか?それは、虫歯菌がお母さんなどの身近な大人からうつってしまうから(母子感染)

そのため、大切なのはまずは虫歯にならないこと。子供の頃から予防意識をしっかり持つことが、一生のお口の健康につながります。
当院では、乳歯がはえたての小さなお子様の口腔ケアやフッ素塗布などを、またお子様のご両親への歯ブラシ指導や食習慣指導も行っています。お子様の予防歯科には、ご本人とご両親の両方が楽しく覚えていただき、お家でもできるようになることが大事です。

おやつの時間と回数を決めましょう

歯周病の治療

3回の食事で不足するエネルギーを補給するために、気分転換や楽しみのためにも小さい子供におやつは必要です。しかしジュースやお菓子類などのおやつは、虫歯菌の大好物です。ご飯やおやつを食べるたびにお口の中は酸性になって、虫歯になりやすくなります。

1日3回以上おやつを食べている3歳児の虫歯は平均2本にもなります。だらだら食べはやめて、時間を決めて与えることが大事です。

仕上げ磨き

仕上げ磨きで虫歯をチェック

お子様が成長するにつれて、仕上げ磨きを嫌がるお子様も出てきますが、まだまだお子様ご本人に任せきりにしてしまうのはよくありません。

なるべくお子様のお口を覗いて磨き残しがないか、初期の虫歯(白い斑点)・歯肉炎の予兆(歯茎の腫れや出血)がないか見てあげてください。

フッ素塗布

定期的に歯科を受診してフッ素を塗付しましょう。はえたての乳歯や永久歯はまだ柔らかいので虫歯になりやすいです。早期に虫歯を発見し、治療することにも繋がります。お家での仕上げ磨きにフッ化物配合の仕上げ磨き剤を使うのが望ましいです。うがいを上手にできない小さなお子様には、ジェルタイプのものがおすすめです。

ご家庭で毎日使用ができる低濃度のフッ素も販売しております。お子様の年齢や口腔内に適した、さまざまな種類の歯ブラシや歯磨材、フッ素を用意しています。

pagetop