定期検診・予防歯科について

tel.079-434-6480

tel.079-434-6480

診療メニュー

予防歯科

ホーム診療メニュー › 予防歯科

予防歯科には「プロフェッショナルケア」と
「セルフケア」の両方が必要です。

むし歯や歯周病などから歯を守るためには、早めに歯科医院へ受診することが必要です。歯を失う原因のほとんどはむし歯と歯周病です。実際歯科を受診するきっかけは「歯が痛くなったり、歯周病で歯がぐらぐらしたりしてきたから」という方が多いのではないでしょうか。しかし状態が悪くなってしまってからでは、皆さんの大事な歯を守れないこともあります。そこで、このむし歯や歯周病になってしまうことや、その進行を阻止しようというのが予防歯科の考え方です。

「セルフケア」とは 

歯磨きのブラッシング指導
ブラッシング指導(歯磨きの説明と練習)
ご自身でむし歯や歯周病の原因を増やさないようにしていく方法です。歯科医院でどんなにきれいにしても、毎日のご自宅でのケアが不十分では、お口の中はまたすぐに汚れてしまいます。毎日歯科医院に通えるわけではありませんから、ご自宅でのお口のケア(セルフケア)が一番大切です。当歯科医院では患者様の歯磨きの欠点を洗い出し、お口の状態に合った歯ブラシや歯磨材、正しい歯磨き方法をご説明しています。

「プロフェッショナルケア」とは

定期検診で虫歯と歯周病の予防

歯科医師や歯科衛生士により、むし歯や歯周病の原因となるプラークや歯石を直接除去する方法です。歯と歯の間や歯茎の下に隠れた歯垢は歯ブラシだけできれいにすることはできませんので、専用の器具を使ってお口の中をクリーニングしていきます。

定期的にメインテナンスに来て頂くことで、健康で清潔な口腔内を維持していくだけでなく、さらなる健康増進を目指します。

スケーリング (歯石除去)
歯の表面に頑固にこびりついたバイオフィルム(歯石や歯垢)をきれいに除去します。スケーラーという器具を使って行います。歯石の表面はザラザラしているため、バイオフィルムが付きやすく、歯磨きでは落とすことはできません。一度除去しても再付着しますので、定期的に歯科医院で除去してもらいましょう。定期健診に来院していただく間隔は、お口の状態によりますが1~4ヶ月が望ましいです。
ルートプレーニング(歯根面のクリーニング)
スケーリング終了後に、歯周ポケット内の歯根表面についた歯石やバイオフィルムを落とし、細菌に汚染されたセメント質や象牙質を取り除きます。歯根面を滑らか(滑沢)な状態にして歯石やバイオフィルムの再付着を防ぎます。ルートプレーニングは、スケーリングだけでは除去しきれない歯茎の深いところを清掃し、歯石除去の仕上げを行う処置と言えます。
外科的治療(重度歯周病の治療)
歯周病が進行してしまっている場合には、歯槽骨の吸収を抑えるための外科的治療が必要になることがあります。歯周ポケットが深すぎて歯石除去が完全にできない場合や、歯茎が炎症を起こしてしまっている場合などに行います。外科的治療には、歯周ポケット掻爬術・フラップ手術・再生療法などがあり、検査結果に基づいた適切な外科治療を施します。

pagetop